eyecatch
eyecatch
eyecatch

【ガチ丼!2】FAT MAM『大葉と牛ハラミの旨辛丼』@港北区・綱島モール商店会

アホマイルド坂本

by.

アホマイルド坂本

今年、残念ながら中止になった「ガチ丼!2」。

幻となってしまったエントリー丼すべてを「ハピゴラ!」にて徹底取材したいと思います。

それでは行ってみましょう!

   

今回向かったのは・・・

ドドーーーン!

皆さんこんにちはー、アホマイルド坂本でーーす!

いま私は東横線「綱島駅」に来ておりまーっす。

駅前は人で凄い賑わってますねー。

今日お邪魔するお店は、ここから歩いて5分程の場所にあるそうです。

行ってみましょう!

てくてく。

てくてく。

ここかな?

    

お店に到着

おー、良いですね〜!

外国のカフェのような雰囲気ですね。

いまはランチタイム中ですね。

テイクアウトもやってます!

それではお邪魔してみましょう!

    

入店

こんにちはー!

店内も良い感じですよー。

テーブル席とカウンター席があります。

お酒も充実してますね。

席に案内してもらい、さっそくメニューを見て行きましょう!

沢山ありますねー!

綱島野菜?何でしょうか。大葉メニューが充実!

あ、ありました!

こちらが本日のお目当ての丼でございます。

注文をして、もう1つ気になったものが!

『綱島サワー』って何だ?!

「大葉」が入って、しかもピクルスになってて、栄養も豊富に入っているとな。

これは気になりますね!

話しを聞くと『サワー』でも『ソーダ』でもみたいなので頂く事に。

おー、来ました!

こちらが『綱島ソーダ』。

炭酸が凄い!

強炭酸!!

もう動画でどうぞ。

ね!シュワシュワでしょ。

頂きましょうか!

あー美味しい。

非常にサッパリなんですねー。

大葉の爽やかさ、ピクルスの酢が炭酸と共にガツンと来ますね。

新しい味わい!

サッパリなんでどんな料理にも合いそうですよー。

なんて言っていると・・・

    

ドドドド丼!

来ましたー!

こちらが、

『大葉と牛ハラミの旨辛丼』990円(税別)

良い香り〜!

   

実食

では「いたガチます!」。

でっかいハラミのお肉♡

パクリ。

う~ん、美味しい!

しっかりとお肉に味が染みてて、ハラミ柔らかいですね。

なにより、

大葉が美味しいですね!

癖がなくフレッシュな感じで、タレともマッチしております。

それにしても大葉が沢山入ってますねー。

もっともっと食べたい!そんな感じです。

綱島ソーダにも合います・・・などと言いながらアッあっという間に完食。

   

美味しさのポイント

『FAT MAM』月岡輝行さんにお話しを伺います。

坂「ご馳走様でした、美味しかったです!」

月「ありがとうございます!」

坂「『大葉』がたっぷりでしたが、どれくらい入っているんですか?」

月「50枚です!」

坂「50枚もですか? 正直、大葉はそこまで得意な方じゃ無いんです!でも美味しく食べられて、なんなら『もっと食べたい!』と思うくらいでした。」

月「大葉苦手な方は結構多くて、理由は独特の癖があるからなんだと思いますが、あれは酵母菌が出るから癖が出るんです。」

坂「そうなんですか!?では逆に?」

月「そうなんです!酵母菌が出ないように処理をしてあげれば美味しく食べられる、という事になります。『大葉』が苦手な人もウチでは『大葉』を食べに来てくれますよ!」

坂「『大葉』博士ですね!ところで、このメニューは元々あったんですか?」

月「元々あった『牛ハラミ丼』を《ガチ丼!2》に合わせて、『大葉』に何を合わせたら美味しいか?と考えて作りました。」

坂「『大葉』はマストだったんですね。笑」

月「はい。『大葉』の絨毯に、何を乗せるか?『大葉』を美味しく食べるには何が良いか?それだけ考えて。」

坂「『大葉』愛が凄い! メニューを見ると『大葉』メニューが多いですが、どれくらいあるんですか?」

月「メニューの半分くらい、30品くらいですかね。」

坂「お肉のハラミも美味しかったです。」

月「ハラミの中でも柔らかい部分だけを使用しています。」

坂「タレも美味しかったのですが、秘密はあるんですか?」

月「タレはハラミの肉汁がほとんどです。ハラミの美味しさだと思います。」

坂「なるほど!『綱島サワー』もそうですが、綱島は大葉が名産なんですか?」

月「ここ最近はそうなってくれてますね。」

 ※ここで、別の方から月岡さんが《綱島=大葉》の仕掛け人と教えて頂く。

坂「『綱島サワー』は綱島の色んな飲食店で飲めるんですね!」

月「有難い事に、飲める店舗がどんどん増えてます。」

坂「『綱島野菜』を使ったメニューも沢山ありますね。」

月「はい、綱島には美味しい野菜を作っている農家さんが沢山あるんです。皆さんにも食べて貰いたくて。」

坂「名産を作るって大変ですよね。何故色々仕掛けて行くんですか?」

月「お店を出して今年で24年目になります。オープン当時からずっと来てくださるお客さんも居て有難い限り、そんな『綱島』が盛り上がってくれたら、と思ってやってます。」

坂「素晴らしいです!『大葉のピクルス』はテイクアウトも出来るんですよね?」

月「はい、こちらで3,878円(税別)です。」

坂「小さいのもありますね!」

月「お試し用で500円(税別)です。」

坂「私はお試し用から始めたいと思います。今日はありがとうございました!」

月「ありがとうございました!また来て下さいね。」

最後に『FAT MAM』スタッフの皆さんと記念にパシャリ!

お店のInstagramでは、オススメ料理をメニュー感覚で見る事が出来るので要チェックだ!《FAT MAM Instagram

「綱島サワー」や料理に使われている『大葉のピクルス』は、ネットでも販売中!《綱島大葉屋

スタッフの中間さん(写真 後左)は、《中間正太の大葉チャンネル》を開設。「綱島サワーのうた」や「大葉料理」など、『大葉』に特化した面白いチャンネルを運営しているのでこちらも要チェック!

    

いや〜、大変美味しゅうございましたー!!

これで満足してしまいそうですが、私はまだまだ美味しい『丼の旅』を続けなければいけません。

幻の「ガチ丼!2」のすべてを知りたいのです。

ご馳走様でした。

以上、アホマイルド坂本でしたー!

アホマイルド坂本

アホマイルド坂本

吉本興業所属
1978年06月13日生 横浜市出身
趣味:食べ歩き 特技:講道館 柔道弐段
「アホマイルド」コンビ解散後、椿鬼奴・くまだまさしらも所属するユニット「キュートン」の活動はそのままに、地元「神奈川県住みます芸人」として神奈川県を中心に活動。tvk、fm Yokohama、J:COMと各地元メディア・イベントに司会・リポーターと出演し盛り上げ活動を行なっている。
2014年から神奈川県出身・在住の芸人で結成された「よこはま盛り上げズ」ではリーダーとしてイベント出演は元より、構成・プロデュースも行い、2016年からは「かなチャンTVアドバイザー」、2019年からは「神奈川イベントアドバイザー」として神奈川県庁非常勤職員として勤務。神奈川県主催イベント、神奈川県公式チャンネル「かなチャンTV」の出演・構成等も手掛ける。
また、横浜市商店街総連合会主催「ガチ!シリーズ」においては、2015年より「ガチめん!」「ガチあげ!」「ガチチョコ!」「ガチチャーハン!」「ガチハンバーグ!」とリポーターを務め商店街活性化にも務める。
★official twitter:https://twitter.com/ahomild

人気のキーワード word

ただいま準備中です。