eyecatch
eyecatch
eyecatch

【ガチ丼!2】寿屋『はまぽーく寿屋ボウル』@神奈川区・六角橋商業協同組合

アホマイルド坂本

by.

アホマイルド坂本

今年、残念ながら中止になった「ガチ丼!2」。

幻となってしまったエントリー丼すべてを「ハピゴラ!」にて徹底取材したいと思います。

それでは行ってみましょう。

   

今回向かったのは!

ドーーーン!

皆さんこんにちは、アホマイルド坂本です!!

今日、私は東横線「白楽駅」に来ておりまーす。

そして、隣りに居るのは、私の先輩「しんじ」さん。

私もメンバーである前衛過激派集団と呼ばれるユニット、

『キュートン』の一員。

昨年度「ガチハンバーグ!」にて、

キュートンの「もしもこんなハンバーグがあったら…」

キュートンの「ガチ丼!受賞店トツゲキ訪問!」

と、コーナーを頂き、エントリーブックやwebsiteにも登場しております。

 ※是非クリックしてご覧下さい。

私が最近美味しい丼の旅をしていると聞きつけ、お腹が減ると度々登場するんです。

一緒に行く事にしましょう。

  

ここで!

恒例となりました「しんじの尻文字のコーナー」です。

どうぞ。

3文字目は「駅」、3文字とも「漢字」でしたね!

と言う事で、尻文字の答えは、白楽駅の前で『白・楽・駅』でした。笑

何もひねって無かった・・・

さあ、行きましょうか!

お店は歩いて5分程の場所です。

てくてく。

てくてく。

「白楽」と言えば戦後まもなく闇市となり、現在の商店街の元になったものが始まったと言われている『六角橋商店街』。

実は正式名称では無く、いくつもの商店街からなる通称なんですよね。

詳しくは《コチラ

    

お店に到着!

ありました!

本日お邪魔するお店「寿屋」さんです。

「寿」って、めでたくて良いですね。

良い事が起きそうー。

   

入店!

こんにちはー。

え?

ちょっと、しんじさん!

 ※遠近感で咥えてる様に見えているだけです。

ビックリしましたが、いきなり会心の一撃な写真が撮れましたね。笑

さて店内は、

テーブル席からなる長居したくなる落ち着いた空間!

壁にかかるメニューが良い感じです。食欲をそそります。

あ、ありました!

「はまポーク寿屋丼」、ちょっとタイトルが違いますがこちらでしょうか? 聞いてみましょう!

坂「『はまポーク寿屋ボウル』をお願いしたいのですが・・・」

店「少々お待ち下さいー!」

あ、行けました!違う商品なのか後で聞いてみましょうかね。

それにしても、

魅力的なメニュー達ですね。

すると、

し「もっちゃん、瓶ビールから始めますか?」

坂「始めちゃダメですよ、取材で来てますから!」

でも分かります、この雰囲気は瓶ビールを軽く飲みながら、何を食べようか悩むのがまた楽しい時間なんですよねー。

  

ドドドド丼!

来ましたー!

『はまぽーく寿屋ボウル』1200円(税込)

わお!ボリューム満点♡

   

実食!

しんじさんと「いたガチます!」

あ、これは!

「はまポーク」ですね!

大きくて嬉しいですね。

軽く混ぜていただきましょう。

パクリ!

んー♡美味しい!

目玉焼きの下には、なんと6種類ものお惣菜が。

それぞれ味付けが違うのですが、別々に食べても良し、混ぜて食べても良し、と食べ方は色々楽しめます。

「はまポーク」は存在感も食べごたえも凄く良いです。

お肉の甘みも感じられ、お惣菜との相性は完璧です!

途中で目玉焼きを崩して、

混ぜて食べたり、

特製のタレをかけるとまた違った美味しさが。

1つの丼で何通りも楽しめる丼に、しんじさんも満面の笑み。

あっという間に完食する2人でした。

   

美味しさのポイント!

ここで『寿屋』玉川孝美さんにお話しを伺いました。

坂「ご馳走様でした、美味しかったです。」

玉「ありがとうございます。」

坂「具が沢山でした。教えて下さい。」

玉「『にんじんラペ』『かぶの葉のおひたし』『ひじきの煮物』『ナスと胡瓜とミョウガの塩揉み』『ごぼう、かぶの漬物』『はまポークの煮豚』の6種類です。」

坂「沢山入っている中にも『はまポーク』の存在感はさすがですね!」

玉「そうですね、他のお惣菜を活かす為にあえて薄味にして仕上げてあります。」

坂「なるほど!特製タレもありましたが何か秘密はありますか?」

玉「ベースは、はまポークの煮汁を煮詰めて作っています。」

坂「そうなんですか!『味』はもちろん『旨味』が凝縮したタレでした。この丼は『ガチ丼!2』の為に開発されたんですか?」

玉「はい、そうです! 1皿で全部採れる丼を作りたくて作りました。」

坂「確かにお野菜も沢山摂れて栄養もたっぷりですよね。お客さんの評判ははどうですか?」

玉「有難い事に良いです。女性の方や常連の方も一回食べて頂くとリピートして注文頂けます。」

坂「分かります。何かまた食べたくなる不思議なチカラがありますね。ボリュームたっぷりなのも魅力ですね!」

玉「いっぱい食べて貰いたいのもあるんですが、少しずつ乗せていくうちにどんどん増えて行くんです。笑」

坂「乗せ過ぎって事は無いですか?笑」

玉「これでも抑えてる方なんですが、なぜかいつもこうなっちゃいます。笑」

坂「愛情の分と言う事で! お店にある黒板とはメニュー名が違いますよね。」

玉「内容は全く同じなんですけど、ウチの常連さんには『ボウル』って小洒落た名前にするより『丼』の方が伝わりやすいかと思って。」

坂「分かり易いのが1番ですもんね。今日はありがとうございました。今度は瓶ビールから始めたいと思います!」

玉「お待ちしてます!」

   

いや〜、大変美味しゅうございましたー!!

これで満足してしまいそうですが、私はまだまだ美味しい『丼の旅』を続けなければいけません。

幻の「ガチ丼!2」のすべてを知りたいのです。

ご馳走様でした。

以上、アホマイルド坂本でしたー!

アホマイルド坂本

アホマイルド坂本

吉本興業所属
1978年06月13日生 横浜市出身
趣味:食べ歩き 特技:講道館 柔道弐段
「アホマイルド」コンビ解散後、椿鬼奴・くまだまさしらも所属するユニット「キュートン」の活動はそのままに、地元「神奈川県住みます芸人」として神奈川県を中心に活動。tvk、fm Yokohama、J:COMと各地元メディア・イベントに司会・リポーターと出演し盛り上げ活動を行なっている。
2014年から神奈川県出身・在住の芸人で結成された「よこはま盛り上げズ」ではリーダーとしてイベント出演は元より、構成・プロデュースも行い、2016年からは「かなチャンTVアドバイザー」、2019年からは「神奈川イベントアドバイザー」として神奈川県庁非常勤職員として勤務。神奈川県主催イベント、神奈川県公式チャンネル「かなチャンTV」の出演・構成等も手掛ける。
また、横浜市商店街総連合会主催「ガチ!シリーズ」においては、2015年より「ガチめん!」「ガチあげ!」「ガチチョコ!」「ガチチャーハン!」「ガチハンバーグ!」とリポーターを務め商店街活性化にも務める。
★official twitter:https://twitter.com/ahomild

人気のキーワード word

ただいま準備中です。