eyecatch
eyecatch
eyecatch

横浜に沖縄があるって本当⁉︎@鶴見区・仲通り商店街商和会

アホマイルド坂本

by.

アホマイルド坂本

以前連れて行って貰ったのですが、 本格的な沖縄料理が食べられて、沖縄のお土産も買えて、街自体が沖縄な場所に行きました。 でも、住所は横浜市なんです! また行きたいので調査して下さい。

との依頼を頂きましたので、早速調査しに参りますっ!

ドーーーン!

皆さん、ハイサイ!&めんそーれ!!

沖縄の人って、お酒飲んだ〆にステーキ食べるんだって! 知ってたー?

最高だよね! アホマイルド坂本です!!

さて、今日は鶴見区の仲通り商店街商和会に来ております。

もう沖縄感がチラホラありますよ!

それでは今日も、「ハピゴラ!」はじまり、はじまりー!

おっ!いきなり自販機が、

あまり見ないジュースの数々。

AW? ミキ? 黒糖玄米?

もう沖縄は始まっているのか?

すると・・・、

    

さっそく沖縄っぽい場所を発見!

アーケードを歩いていると看板とノボリが!

「(株)おきなわ物産センター」! 「琉球王朝」!! 「オリオンビールの賑やかな提灯」!!!

わーっ、こりゃ沖縄だね!

まずはこちらにお邪魔しましょう!

「こんにちは〜!」

「は〜い!」

と、元気いっぱいの明るい声で迎えてくれたのは・・・、

株式会社おきなわ物産センター 代表取締役社長であり、

関東沖縄経営者協会理事、そして、仲通り商店街商和会 会長の下里優太さんですっ!!

坂本「お店にお邪魔しても良いですか?」

下里「もちろんです!」

坂本「ではお邪魔しま・・・」

ん?

店頭にあるのは・・・、

「島ぞうり!」

坂本「島ぞうり、沖縄のサンダルですか?」

下里「そうです。沖縄の人は冬でも履くんですよ。」

坂本「へぇ〜!さすがの常夏ですね!」

坂本「この番号は何ですか?」

下里「サイズです!」

坂本「分かり易い!(笑)」

それでは改めまして、「お邪魔しまーす。」

店内に入ると、

坂本「お惣菜もあるんですね!(驚)」

下里「はい、毎日手作りですよ〜!」

坂本「美味しそ〜う! 欲しい量もリクエストできるのが嬉しいですね!」

下里「坂本さん、これ見てください。 スパムって商品名じゃ無いの知ってましたか?」

坂本「えぇ? いつも食べているスパムは何なんですか?」

下里「《ランチョンミートの缶詰》が正しいです! 沖縄ではチューリップっていうメーカーも有名ですよ。」

坂本「えー!知らなかったなー! あっ、宅急便って言いますけど、宅急便はクロネコさん(ヤマト運輸)だけであって、総称は宅配便ですもんね!

下里「・・・あ、はぃ。」

坂本「ボンカレー、これまた古いデザインですねー。」

下里「沖縄のボンカレーは昔のデザインのままなんですよ。」

坂本「何でですか?」

下里「沖縄の人はずっと同じモノを好むので、以前パッケージを変えたら売上げがガクンと下がったそうです。それで元に戻したらまた売上げも戻ったとか。」

坂本「なるほどー! 最近は新しい商品がどんどん出るなか、ずっと愛されるなんて嬉しいですね!」

「沖縄のミトメ」、ハンコですね!

坂本「珍しい名前ありますかね?」

下里「あると思いますよ!」

坂本「ありますね〜。おっ!」

坂本「安室ちゃん!(笑)」

下里「坂本さん、こんなのもありますよ!」

坂本「えっ?」

下里「凄いでしょ!」

坂本「シャーー!」

沢山の沖縄ならではの商品が並び、見ているだけでも楽しいが、イチ押し商品を会長に聞いてみた。

下里「これです。沖縄そばの麺! 自社工場から直送でここに来ます。」

坂本「直送で! お店が開けそうですね!」

下里「今日はお休みですが隣で「おきなわ亭」という屋号でやってます。ガチ丼!やガチめん!でエントリーしたんですよ。ガチめん!では「沖縄そば(https://shirumono.gachimen.jp/entry/2)」でエントリーしました。 他のお店の方も買いに来られますよ。」

坂本「ここは周辺に住んでいらっしゃる沖縄出身の方の発信基地的存在なんですね!」

会長に話しを聞くと、「おきなわ物産センター」は鶴見沖縄県人会会館の1階にあり、創業は1986年。

以来、沖縄の県産品、日常食材を中心に、輸入品、お土産品、健康補助品、民芸品など約1000種類のアイテムを小売・卸販売しているお店。

地元鶴見の行事や関東近郊で行われる沖縄関係イベント、芸能関係イベント等の情報も発信しているのだそうだ。

沖縄の買い物は勿論、沖縄の文化に興味がある方、イベント情報をGETしたい方も是非お気軽にご来店、問い合わせして欲しいとの事だ!

下里「3Fに県人会事務所がありますから一緒に行きましょう!案内しますよ。」

坂本「ありがとうございますー!」

店外に出て左のウインドをみると・・・、

下里「・・・。」

下里「た、食べますか?」

坂本「良いんですか?」

坂本「出来立てで美味〜い! 会長、ありがとうございます!」

下里会長に引き続きお世話になりながら「鶴見沖縄県人会事務所」へ行く事に。

    

ちょっと寄り道。美味い漬物!

すると、「おきなわ物産センター」と同じく1Fにあった「明治屋青果」さん!

ちょっとお邪魔しましょうか!

こちらが、

明治屋青果 ご主人 高橋さん

坂本「こんにちはー。今日は沖縄を感じに来ました!」

高橋「ほんとー。じゃあ、これなんてどおかな?」

そう言って出してくれたのが・・・、

坂本「漬物ですか?」

高橋「島らっきょうの漬物だよ!」

坂本「島らっきょうの漬物? は、初めてですっ!」

高橋「こっちではあんまり無いかもねー。」

頂いてみましょう!

と、開けてみると・・・、

こんな感じ!

醤油ベースな漬けダレの良い香りがします。

では、いただきまーすっ!

美味ーい!

島らっきょうの濃い味、食感、香りはそのままに、ほどよく甘辛くマイルドに漬物ダレがマッチしております!

坂本「美味しいですねー!」

高橋「ご飯にも、お酒にも良いでしょ。 じゃあね!」

そう言うと、颯爽と配達に向かう高橋さんでした。

高橋さんご馳走様でした!ありがとうございました!!

   

お稽古、発表会にも使えるホールがある!

「鶴見沖縄県人会会館」の3Fにあるのは・・・、

「一般財団法人おきつる協会 事務所」

下里さんにも引き続きご案内頂きますが、

ここからは、

一般財団法人おきつる協会

横浜・鶴見沖縄県人会

常務理事 幹事長 並里典仁さん

にもお話しを聞きました。

坂本「こんにちは、アホマイルド坂本と申します。本日はよろしくお願いいたします。」

並里「こちらこそお願いします。 さて坂本さん、ここは事務所だけでは無いんですよ。ホールがあります。」

坂本「わーホントだー。 広〜〜〜い!」

並里「イベントの稽古や沖縄舞踊の発表会もここでやるんですよ!」

坂本「イベントは多いんですか?」

私が聞くと、年間計画表を見せ説明してくれました。

並里「年間を通してイベント、会合、発表会、と企画しています。」

坂本「凄い!年間30を超えますね!」

並里「中でも『おきつる角力大会』は戦前からの歴史です。」

坂本「《相撲》を《角力》と表記する辺り歴史を感じます。芸能祭はどういうお祭りですか?」

並里「沖縄民謡等の、沖縄に古くから伝わる事をやります。」

坂本「歴史があるんですね!」

横浜・鶴見沖縄県人会は、大正初期から鶴見に本格的な移住が始まり、会員同士の親睦や沖縄文化の継承などを目的とした現在の県人会が1958年に発足。現在は約200世帯500名が加入している!

理由として、鶴見では大正初期から昭和初期にかけ埋め立て工事が進み、大企業の進出が進んでいたことから、労働者が急増し移住する人も増えた、とのこと。

並里さんありがとうございました!

   

本場の沖縄料理も楽しめる喫茶店がある!

再び「鶴見沖縄県人会会館」1Fに戻り、向かったのは・・・、

軽食・喫茶「ゆうなの花」

少し小腹が空きましたので、休憩がてらお邪魔したいと思います!

「失礼しまーす!」

店内は落ち着くアットホームな感じで、お食事も楽しめるスタイル。

壁を見ると、

見つけちゃいました!

・・・では、軽くやっちゃいましょうか!(笑)

まずは、

「ゴーヤチャンプルー」

早速いただきまーーす!

美味いっ!

島豆腐やスパムの味が何とも言えない、食が進むお味! そこにゴーヤのほのかな苦味がベリーマッチしております!

続いては、

「タコライス」

まずはこの景色! 美味しい挽き肉の上にシャキッとしたレタスとトマト!目が良くなりそうな鮮やかさ。

混ぜて、混ぜて・・・、

チーズがとろけて良い感じです!

あっという間に無くなりました。

こちらも美味しかったです!

挽き肉に旨味が凝縮されていて野菜のフレッシュさも相まってペロリと!

それでは休憩も終了ー。 行きましょうかね!

休憩感ゼロ。完全なる食事でしたね!(笑)

美味しかったです。ご馳走様でした!

   

人気の沖縄食堂へ!

「休憩してきます」と言って別れた下里会長と再び合流。

下里「休憩出来ましたか?」

坂本「ゴーヤチャンプルーとタコライスを食べました!」

下里「え?これから行くとこは地元の人達にも人気の食堂ですよ!(笑)」

坂本「ホントですか! 大丈夫です、まだ別腹が空いてますので!」

下里「・・・、あ、はい。」

そう言って到着したのは・・・、

「自家製沖縄そば やーじぐわー」

「ヤージ小」と書いて「ヤージぐぁ」だそうです。

本格的な沖縄料理が楽しめ、遠方からの来客、リピーターが非常に多い人気店なんですと!

店内に入ると・・・、

うわー凄い!

本格的沖縄料理の数々!

聞いたことのない料理もあるが、どれも美味しそうだぞ!

注文は下里会長にお任せをして、4品いただきました。

まずは、

これです!

「ソーキそば」

沖縄料理と言えばの代表格!

ソーキとは豚の骨付きあばら肉(スペアリブ)のこと。ソーキがよく煮込んでありますよ、ホロホロで美味い!麺も出汁も良いですねー。あっさり豚骨でこれは朝から行けちゃう系です!

続いて、

「テビチ煮付定食」

テビチとは豚足のこと。

豚足のプルプルのコラーゲン! 煮込み具合、味の染み込み具合、サイコー!

そして、

「ナーベーラ定食」

ナーベーラとはヘチマのこと。

食感はナスに似ているな! ナーベーラ、厚揚げ、スパム、と味噌のマッチングが完璧です!

最後は、

「中味汁」

中味とは豚の内臓、つまりはモツ!

モツをふんだんに使った汁。 臭みは全然無く、サッパリと頂きやすい。 生姜でまた味が変わって面白い!

沁みるわー。

と、至高の4品!

「ナーベーラ」や「中味汁」なんて初めて食べたな。満足満足!

別腹までいっぱいです!

どれもこれも非常にデリシャス!ご馳走様でした。

下里会長には、今日1日ずっと案内して頂きました。

会長、ありがとうございました!

結果として、横浜市鶴見区の「仲通り商店街商和会」という商店街には、

沖縄の買い物が出来る「おきなわ物産センター」、美味しい「本格的な沖縄料理」が食べられるお店、「沖縄県人会」では年間を通してイベントも多数企画されていた。

ぜひ皆さんにも足を運んで頂きたい!

あー、楽しかったー。

本日も良い出会いが沢山ありました!

沢山美味しいものも食べて幸せです。

それでは今日の「ハピゴラ!」はここまで。

またお会いしましょう!

アホマイルド坂本

アホマイルド坂本

吉本興業所属
1978年06月13日生 横浜市出身
趣味:食べ歩き 特技:講道館 柔道弐段
「アホマイルド」コンビ解散後、椿鬼奴・くまだまさしらも所属するユニット「キュートン」の活動はそのままに、地元「神奈川県住みます芸人」として神奈川県を中心に活動。tvk、fm Yokohama、J:COMと各地元メディア・イベントに司会・リポーターと出演し盛り上げ活動を行なっている!
2014年から神奈川県出身・在住の芸人で結成された「よこはま盛り上げズ」ではリーダーとしてイベント出演は元より、構成・プロデュースも行い、2016年からは「かなチャンTVアドバイザー」、2019年からは「神奈川イベントアドバイザー」として神奈川県庁非常勤職員として勤務。神奈川県主催イベント、神奈川県公式チャンネル「かなチャンTV」の出演・構成等も手掛ける。
また、横浜市商店街総連合会主催「ガチ!シリーズ」においては、2015年より「ガチめん!」「ガチあげ!」「ガチチョコ!」「ガチチャーハン!」「ガチハンバーグ!」とリポーターを務め商店街活性化にも務める。
★official twitter:https://twitter.com/ahomild

人気のキーワード word

ただいま準備中です。