eyecatch
eyecatch
eyecatch

【ガチ丼!2】ゆめや(wakuwaku café)『恋する豚めし』@神奈川区・六角橋協栄会

アホマイルド坂本

by.

アホマイルド坂本

今年、残念ながら中止になった「ガチ丼!2」。

幻となってしまったエントリー丼すべてを「ハピゴラ!」にて徹底取材したいと思います。

それでは行ってみましょう。

「ハピゴラ!」スターート!!

   

今回向かったのは!

ドーーーン!

皆さんこんにちは、アホマイルド坂本です!!

今日、私は東横線「白楽駅」に来ておりまーす。

そして、隣りに居るのは、私の先輩「しんじ」さん。

私もメンバーである前衛過激派集団と呼ばれるユニット、

『キュートン』の一員。

昨年度「ガチハンバーグ!」にて、

キュートンの「もしもこんなハンバーグがあったら…」

キュートンの「ガチ丼!受賞店トツゲキ訪問!」

と、コーナーを頂き、エントリーブックやwebsiteにも登場しております。

 ※是非クリックしてご覧下さい。

私が最近美味しい丼の旅をしていると聞きつけ、お腹が減ると度々登場するんです。

一緒に行く事にしましょう。

  

ここで!

いきなりですが「しんじの尻文字のコーナー」です。

どうぞ!

「白楽駅」から始まる3部作、1文字目は「白」でした!

まさかの「漢字」でしたね。笑

「尻文字」にルールなんて無いと思いますけど、「ひらがな」しか体験した事が無かったのでなんとも新鮮でした。

さあ、行きましょう。

お店は歩いて5分程の場所です。

てくてく。

てくてく。

「白楽」と言えば戦後まもなく闇市となり、現在の商店街の元になったものが始まったと言われている『六角橋商店街』。

実は正式名称では無く、いくつもの商店街からなる通称なんですよね。

詳しくは《コチラ

   

お店に到着

着きましたー!

お邪魔しますお店は『ゆめや(wakuwaku café)』さん。

お店の周りには料理の写真と筆で書かれた達筆の料理名。

これはインパクト大ですね!

店頭の黒板にはランチのオススメメニューが書いてあり、そして『春夏冬中』の立て札。

何でしょうかね、これ?

店内へお邪魔しましょう。

  

入店

こんにちはー。

店内はアットホームな雰囲気。

壁には、

筆で書かれたメニューが!

写真付きメニューもありました。

左下の「本日の玉手箱」は日替りメニューの事のようですね。

「だしのきいた ゆめや オリジナル茶わんむし」、美味しそう〜。

甘味も充実しております。

お!

この水晶のように輝く「ゆめやの雫」は、山梨県で品切れ必至の有名なお菓子に似てますね。

ありました!

本日お目当ての『恋する豚めし』です!!

注文をして、後は待つだけです。

居心地が良いので会話もはずみ、入口にありました『春夏冬中』の立て札について しんじさんに聞きました。

坂「しんじさん、入口の『春夏冬中』の立て札に詳しいって聞いたんですけど。」

し「え?えぇ、詳しいですよ。」

坂「どういう意味なんですか?」

し「・・・え、、、み、店に入ったら、、、中国の春 夏 冬を味わうことができる!」

坂「今は味わえてますか?」

し「ちょっと〜分からないですねぇ。」

坂「じゃあ違いますね!笑」

しんじさんに聞きながら調べてみました。

資料によると、「春夏冬」で「秋」だけないので「あきない」だそうです。

因みに、飲食店などの看板に「春夏冬中」と書いてあれば「あきないちゅう(商い中)」となり、つまり「営業中」という意味になるそうです。

なるほどー!と2人で関心していると・・・

   

ドドドド丼!

来ましたー!

『恋する豚めし』900円(税込)

美味しそうー!

   

実食

では、しんじさんと「いたガチます!」

ん〜!

美味しそうなお肉ちゃん♡

1口で〜パクリ!

ん〜美味しい!

お肉が柔らかくて本当に美味しいです。ジューシーで脂が美味しい!そして、ソースが良い感じです。

これはトマトですね!トマトソースの酸味がお肉の脂と合わさって、更にお肉を美味しくしていますね。トマトの他にも何か隠れた美味しさがありますよ。これは後で聞いてみましょう!

しんじさんにも聞いてみましょう!

坂「しんじさんどおでしょう?」

し「・・・美味しい!」

坂「どう美味しいですか?」

し「・・・“凄く”美味しい!」

坂「しんじさん、牛丼屋さんに2人で来たんじゃ無いんですよ!笑」

し「もっちゃん、これはね『豚丼』ですよ。」

坂「知ってますよ!そういう事言ってるんじゃないんです!」

相変わらずのしんじさんとの会話を楽しみながら2人共あっという間に完食。

   

美味しさのポイント

『ゆめや(wakuwaku café)』芳賀利子さんにお話しを伺います。

坂「ご馳走様でした、美味しかったです!」

芳「ありがとうございます!」

坂「まずはネーミングですが、『恋する豚めし』これはどこからなんでしょうか?」

芳「恋は心が赤くなるじゃないですか! で、そんな恋を思い出すような赤い丼からですね。」

坂「なるほど〜。確かに赤い部分がありました。赤みは何からですか?」

芳「トマトソースを作って使っています。あとバルサミコ酢を少し。」

坂「バルサミコ酢は健康効果もあると言われてますしね。味付けが美味しかったのには他に秘密はありますか?」

芳「《東丼》という丼の秘伝のタレが入っています。」

坂「なるほど!《東丼》もまた美味しそうですが、秘伝なんですか?」

芳「そうなんです!こちらも今度食べてみて下さい。」

坂「是非!味付けもですが、お肉も柔らかくて脂が甘くてとても美味しいかったです。」

芳「お肉は群馬県の豚で、お肉屋さんに骨付きの豚バラの部分を仕入れて、そいで貰って使っています。」

坂「へぇー。骨付きの部分の方が美味しいんですか?」

芳「やっぱり美味しいですね。」

坂「なるほど。しんじさんが喜んでいた味付け玉子、こちらも非常に美味しかったです。」

芳「味付け玉子は、山梨の『ときめき玉子』と言う玉子で、自然の中で飼われている鷄の玉子なんです。味は白身が美味しいので、うちのシフォンケーキにも使っています。この白身、固まるとカマボコみたいに美味しいんですよ。」

坂「へぇー!素材にもこだわりがあるんですねー。ところで、メニューで見たのですが《ゆめやの雫》って、」

坂「山梨の行列が出来る大人気のやつですよね?」

芳「そうです、そうです! 常連さんにアレが食べたいって言われて研究しました。なかなか透明にならなくて。」

坂「いや、結局出来るってのが凄いですよ! 恐らく他で無いから本家も行列出来てると思いますし!笑」

芳「食べたくなったらうちで食べて下さい。」

坂「《ゆめやの雫》を求めて来る方も居るんじゃないですか?」

芳「居ますねー!」

坂「あとビックリしたのは、出しっぱなしで大丈夫ですか?」

芳「あ、大丈夫です!うちはお会計もセルフでお客さんにやって貰っています。」

坂「そうなんですか、よく冷蔵庫からビールとか出したりするのはセルフとかありますけど、お会計は初めてです。」

芳「そうですかー。常連さんはお釣りが少なくなってたら両替して切れないようにもしてくれますよー。」

坂「凄い!今日はありがとうございました。今度『東丼』と『ゆめやの雫』食べに来ますねー。」

芳「はい、待ってますー。」

    

いや〜、大変美味しゅうございましたー!!

これで満足してしまいそうですが、私はまだまだ美味しい『丼の旅』を続けなければいけません。

幻の「ガチ丼!2」のすべてを知りたいのです。

ご馳走様でした。

以上、アホマイルド坂本でしたー!

アホマイルド坂本

アホマイルド坂本

吉本興業所属
1978年06月13日生 横浜市出身
趣味:食べ歩き 特技:講道館 柔道弐段
「アホマイルド」コンビ解散後、椿鬼奴・くまだまさしらも所属するユニット「キュートン」の活動はそのままに、地元「神奈川県住みます芸人」として神奈川県を中心に活動。tvk、fm Yokohama、J:COMと各地元メディア・イベントに司会・リポーターと出演し盛り上げ活動を行なっている。
2014年から神奈川県出身・在住の芸人で結成された「よこはま盛り上げズ」ではリーダーとしてイベント出演は元より、構成・プロデュースも行い、2016年からは「かなチャンTVアドバイザー」、2019年からは「神奈川イベントアドバイザー」として神奈川県庁非常勤職員として勤務。神奈川県主催イベント、神奈川県公式チャンネル「かなチャンTV」の出演・構成等も手掛ける。
また、横浜市商店街総連合会主催「ガチ!シリーズ」においては、2015年より「ガチめん!」「ガチあげ!」「ガチチョコ!」「ガチチャーハン!」「ガチハンバーグ!」とリポーターを務め商店街活性化にも務める。
★official twitter:https://twitter.com/ahomild

人気のキーワード word

ただいま準備中です。